« 待でーーー | トップページ | 慕情子吉川ーーー »

「遊動亭円木ーーー」

今日の魁新聞に「遊動亭円木」の短編連作の事に付いて

乗っていましたので、興味深く読みましたーー (*^-^)scissors

作者は辻原登さんで、芥川賞や、読売文学賞、毎日芸術賞、

谷崎潤一郎賞などを戴いている方で、upup

この「遊動亭円木」の本に出てくるのが私が今住んでいる、

矢島町のことで、矢島のある社長さんが象潟で事故を起こしてrvcardashdashsweat01

この遊動亭円木を矢島の自分の家に連れてきて、happy01sweat01sweat01

社長の娘「寧寧」さんが看病をし、

やがて「円木」はこの「寧寧」の魅力に引かれていくという話の内容でscissors

その後に「円木」は矢島の人たちから受け入れられていくと言う中に、

「寧寧」が「円木」と共に歩いたその町並みが今の館町の

辺りの事らしいと言う事で、面白いし、さらに、この本を読んだ方が、

昨年矢島に、「どんな所か見に来ましたーー」と言い、話をした事があったので

特に印象に残っていたのですーー o(*^▽^*)oheart04

|

« 待でーーー | トップページ | 慕情子吉川ーーー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258899/33470298

この記事へのトラックバック一覧です: 「遊動亭円木ーーー」:

« 待でーーー | トップページ | 慕情子吉川ーーー »