« 青森フード記ーーー | トップページ | シャオロンとその仲間たちーーー »

公募社長ーーー

「アイデア鉄道フラワー長井線」の社長の野村浩志さんの

講演を一昨日12日に聞きに行ってきましたーーlovelyscissors

発想がおもしれーーくて、思ったら行動に移してるんですねーー

考えてばかりいて、同じ所に留まって足踏みをしていても、

足踏みをすればするほど、足に泥が付くだけなら、

前に進んだ方が、何かが見え、時間とともに後ろには歩いてきた

道が付くんだなあーと考えさせられましたーー (^-^;sweat01

いっぱい有るアイデア商品の中で、鉛筆の芯を

赤を3分の1黒を3分の2にして作った「赤字から黒字へ」と

して売った所今、売り上げが上がっているupwardrightupwardrightshineーーと

言うことや長井フラワーの「長井」にかけてながーーーい

カレンダー「1月から12月」までは当たり前ですが

「3月から2月」まで「6月から5月」まで「9月から8月」まで

と固定観念に囚われない作り方で大いに

売り上げが伸びているとかーー (・∀・)イイ!upup

  ☆      ☆   

記憶に残った言葉ーーー

 チャンスの女神に後ろ髪はない

 天国のスプーンと地獄のスプーン

|

« 青森フード記ーーー | トップページ | シャオロンとその仲間たちーーー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も野村社長の講演会に行きたかったのですが、仕事があったので苦渋の思いで断念しました。

私も人生でいろいろな人と出会いお話しをしましたが、口で「○○をやる」「○○に行きたい」と宣言しつつ、結局断念してしまう話は何度も聞きました。時間や金銭的の個人的な問題等があって夢物語で終わってしまうので仕方のない部分もありますが…
でも、私の考えとしては人生一度きりなので後悔しない為にも、宣言した以上は実行に移してほしいという考えです。野村社長の大胆なアイディア、一歩間違えば失敗する恐れもあると思うのですが、失敗を恐れず前に進む姿勢が成功の秘訣なのではないでしょうか。斬新な発想の鉛筆やカレンダーを街の文房具で販売しても売れないような気がしますが、駅で売れるのは野村社長の山形鉄道を救いたいという気持ち(アイディア)にお客様が反応している結果だと思います。
ここ数年、仙台の鉄道フェスティバルにお伺いしてますが、昨年は野村社長自らチラシ配りを行っていましたし、今年は野村社長の姿こそお見かけしませんでしたが、指導が行き届いていることもあってなのか、山形鉄道のブースが一番活気がありました。この路線を守りたいという気持ちは、地方ローカル線の仕事に従事している人の共通の思いですが、山形鉄道で働いている人達には特に感じられますね。
山形鉄道、由利鉄と力を合わせていつまでも走り続けてほしいです。

投稿: 盛岡の兄SANSA | 2010年11月15日 (月) 07時01分

盛岡の兄SANSAさんいつも有難うーーscissors
活気が一番ですよねーgoodupwardrightupwardright
皆で力を合わせてやれるのが、良いと私も考えに賛成ですーー(・∀・)イイ!heart04

投稿: まつこ | 2010年11月15日 (月) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258899/37660905

この記事へのトラックバック一覧です: 公募社長ーーー:

« 青森フード記ーーー | トップページ | シャオロンとその仲間たちーーー »