« 岐阜からーーー | トップページ | お手伝いーーー »

菅江真澄遊賢記ーーー

風土と歴史の研究をして35年と言う方が、2回目に

なりますが、又今日も寄ってくれました(*^-^) scissors

「菅江真澄遊賢記」という本を自分で作り、私に持って

きてくれましたーー (/ ^^)/アリガトネheart04

駅は今日静かで、2人で2時間ぐらいも話が弾み、

菅井真澄が長野を出てから色んな所を廻って歩いた

所に付いて、教えてくれ、

東北は特に色んな所を廻っていて、大間にも行っている様で

    「奥戸」の和歌も有りました

◎  人もしれひぢ笠雨もふらぬ日にたもとをねらす旅の別路

◎  あさ風の身にさむからんうちむれてをこべ峰越駒ぞいばへて

後、気になり面白いなーーと思ったことは

鳥取県の鎌部義左衛門は「文化2年1805年には183歳となり、

この翁の妻小夜は173歳で   11代将軍徳川家斉から

お尋ねがあり、江戸に召されて、彼らに銀25枚、50人扶持を

そえて賜ったーーーとのことが書いてあったことが

「面白かったーーー」こんな事が昔に

有ったんだーー モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!! sweat01heart04

|

« 岐阜からーーー | トップページ | お手伝いーーー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258899/40048501

この記事へのトラックバック一覧です: 菅江真澄遊賢記ーーー:

« 岐阜からーーー | トップページ | お手伝いーーー »