« アルバイトーーーー | トップページ | カスタマさんがーーー »

由利高原鉄道唱歌ーーー

24年間 「忘己利他」 の精神で由利高原鉄道の社長を務め

昨年退任した「大井永吉さん」に敬意を表すと共に、衰え始めてきた頭の

体操を兼ねて~~と友人の 「佐藤武さん」 が作ってくれた唱歌です。

羽後本荘から矢島駅までの十二駅の歌詞です。

汽笛一声新橋を~~の歌詞で親しまれている「鉄道唱歌」の、

メロディーに合わせて親しんでいただければと

思います。(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッheart04

①  羽後本荘駅

秀麗鳥海「とりみ」の  山裾に  子吉の川の 恵み受け

「ボートの町」と  異名とる  六郷二万の 城下町

②  薬師堂駅

本荘離れし  おばこ号  白鳥戯る  大堤

医薬の社の  堂近く  鳴竜名高き  正乗寺

③  子吉駅

子吉の平野は  古くより 実り豊けき  米どころ

埋田や藤崎  過ぎぬれば その名も床しき 玉の池

④  鮎川駅

鳴瀬の坂を 越え来れば 一揆の昔  偲びつつ

鮎川学校  右に見て  由利原原頭  つらなりね

⑤  黒沢駅

沢口  寺田と  駈けぬけて  千年桜も  懐かしく

大物忌に 百合園の  由利原口なる  黒沢へ

⑥  曲沢駅

宮比「みやび」の社に 守られて 開発一途に 努めたる

水利に使いし 滝澤の 堰は郷土の  誉れなり

⑦  前郷駅

日枝の社に  神楽殿   往時を偲ぶ  慶祥寺 

古堀映える  桜木は  無常の姿  写しけり

⑧  久保田駅

諏訪の社を 勧請「かんじょう」し 開拓進めし 江戸の頃

五十土「いかづち」久保田に 小菅野は真澄も足跡 残したり

⑨  西滝沢駅

戊辰の役に  倒れたる  異郷の勇士  偲ぶ碑は

今も山田の  地に建ちて 永久「とわ」に 遺徳を語り継ぐ

⑩  吉沢駅

吉沢鉄橋  渡り来て  大台浄水  過ぎぬれば

名高を左に  眺めつつ 畑中義民の 碑は建てり

⑪  川辺駅

熊野の社を 通り過ぎ 川辺の町並み 右にして

甍「いらか」を連ねし この地には 鯨の化石も 出でしなり

⑫  矢島駅

霊峰鳥海「とりみ」に 抱かれて 産業文化の基礎「もと」築き

龍源、寿慶寺 金毘羅宮  生駒の足跡  遺すなり

由利高原鉄道沿線の歴史も良く分かると思います

ので、皆さんも歌ってみて下さい。o(*^▽^*)onotenotes

 

|

« アルバイトーーーー | トップページ | カスタマさんがーーー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「由利高原鉄道唱歌」ー、流行らせましょう~笑

投稿: おかず | 2012年4月30日 (月) 18時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258899/45081697

この記事へのトラックバック一覧です: 由利高原鉄道唱歌ーーー:

« アルバイトーーーー | トップページ | カスタマさんがーーー »