« 縁と出会いーーー | トップページ | ありがとうーーー »

水のこころーーー

見つけた~~。

4年ぐらい前、ある本に載せていただいた~~~w(゚o゚)wflair
 
     水のこころ       佐藤真都子「まつ子」
数年前に江本勝さんの著書で「結晶物語」という本を読みました。その中にこの世界の全ての存在が固有の周波数を発し独特の波動を持っていることや、口から発せられた言葉や文字にも独特の波動があり、その物が持っているエネルギーを水が一番敏感に受け取り
「ありがとう」
の言葉を水に見せた結果は綺麗に整った六角形の結晶を作り、
「ばかやろう」の言葉を見せた水は形が伴わず崩れていて、命令の「しなさい」の言葉を見せた水の結晶には、ぽっかりと穴が空いて自分がその言葉を言われたときの心の様に不思議な感覚のエネルギーがある事を感じました。
この本には、都まどかさんが、密柑を使ってガラス瓶に「ありがとう」や「ばか」などの言葉を貼り実験したレポートが写真付きで載っていて、それぞれにかいた言葉をガラス瓶に貼っただけで密柑の状態に差が出ていて、私はそれが信じられなくて同じようにやってみる事のしました。
新しい瓶に同じ条件で炊いたご飯を使い地元の高校生に手伝ってもらい、平成19年7月27日から12月27日までの5ヶ月間店の棚に置きどの様に変化していくのか観察をしました。
駅に降りてきた人が気付き「何しているの」
と質問されるまでに瓶の中のご飯の色が変わっていきました。
「ありがとう」 のご飯は始め入れた時より麹っぽくはなりましたがめだった変化がなく、
「ばか」 と書いて貼ったご飯は萎縮した様に黒ずみ、まぎれもなく差が現れたのです。
此れに携わってくれた高校生のO君は
「安易に死ねとかばかとか友達に言ってふざけたりしてたけど言葉は大切だよね」
と気付いてくれたのがとても嬉しく心に残りました。
店に来る子供たちにも実際に目の前に顕われているのを見せて話す事にしました。
言葉は大切なものと受け止めてもらい、機会のあるたびに会話の良い材料になりました。
駅に来た方も気付いて質問される事が有り、ある日の主婦の方は
「お父さんをもって大切にして、有り難うといわないと、駄目だね」 と笑いながら言い
「子供や孫にも教えたい」と帰った近くの方は実際に家族でやってみたら、やっぱり言葉によって変化があったと話してくれました。
この頃少し忘れられている大切なものがあったと聞かされて意義を感じ嬉しかったです。
さらに2回見は 平成20年2月7日に3人の高校生と一緒に密柑を使って観察をし、2ヵ月が過ぎた頃には「ばか」と書いた密柑は黒くなり何も書かない瓶の密柑は色褪せて膨張したようになり、
「ありがとう」 が1番いい状態のオレンジ色を保っていました。
もしかしたら人の体の70パーセントは水なのですから、60兆個の人の細胞一つ、一つ60兆の素粒子が「ありがとう」の持つ綺麗な結晶になる様に生きられたならば大自然の正直さを写した顔になるのではと思う時、生かされている今のすべてに感謝とありがとうを持ち
又、日本には昔から言霊という表現もあり日常話す言葉にも魂が宿っていると聞かされていますので
駅という様々な方たちとの拘わりの多い所で毎日働けることに幸せを持ちつつ、言葉に気を付けて明るく相手の心に響き伝わる、感じのいい言葉で仕事をして行きたいと考えています。
60歳を過ぎれば生き方が顔に顕われるという事に責任と、畏れを持ち水の流れの様に生きてゆきたいと思うこの頃です。

|

« 縁と出会いーーー | トップページ | ありがとうーーー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258899/56942164

この記事へのトラックバック一覧です: 水のこころーーー:

« 縁と出会いーーー | トップページ | ありがとうーーー »