« 縁 | トップページ | 水のこころーーー »

縁と出会いーーー

色んな物を整理していた中から、忘れていたものが出てきました。

2006年、在る本に載せていただいたものです・
          「縁と出会い」           佐藤真都子「まつ子」
第三セクターの由利高原鉄道、矢島駅に拘わりを持って??年になります。
待合室の中で旅行案内の仕事をしていましたが、旅行会社の縮小に伴い退職し、観光案内を兼ねながら現在は売店をやっています。
毎日多くの町の人や、小、中学生、高校生、ときには旅行者などに利用され、様々な人間像を垣間見ることがあり、特に印象に残った出来事をパソコンに打ち込んで私だけの宝物にしてきました。
その中から幾つかの出会いや、駅に来る子ども達の成長していく姿などをつむいで見る事にします。
       平成○年4月14日
売店を開く前から待合室にいて退屈そうに椅子に腰掛けていたお婆さん、アイスクリームを
ひとつ買って
「今は台所に入る事もなくなった。この前1箱買ったアイスクリームも1つもたべないうちに家族に食べられてしまった。ここだとゆっくりと大好きなアイスクリーム食べる事が出来るんだ」
と美味しそうに食べながら愚痴をこぼしはじめました。
「後いくらも生きられるものでないんだから、好きな物を好きなだけ食べるんだ」と言うので「いずれにしても人は死ぬまでいきなくちゃね」
と相槌を打ってしまいました。
老いゆく悲しさを見せられ、見ず知らずのお婆さんに、つい勝手な私の思いを言ってしまったことを猛省した1日でした。
       平成○年5月29日
高校生の男の子が、昼過ぎてもまだ待合室で漫画本を読んでいたので
「どうしたの、停学?」と聞いたら  「うん」と言葉を返してきました。
「何したの?」と聞くと「喝あげ」と言う。
家の人も学校に呼ばれたらしく、本人も素直に反省している様子だったし、高校生になったばかりのことで「まだまだ取り返しつくと思うよ」といってあげました。
この生徒は、その後も三回の停学を受けましたが皆の励ましも有って無事に高校を卒業し近くの工場に勤め、休みの日には時々遊びに来てくれます。
       平成○年6月10日
70歳位の腰の曲がったお婆さんが、悲痛な顔で
「安い東京行きの航空券は無いか」と聞くので、「何で、東京に行きたいの?」と問うと
「家の中は、揉め事ばっかりで面白くなく、東京の娘の所に行こうと思って来たんだ」とため息をつきました。
「お婆ちゃん、熱いお茶でも飲んで気持ちゆっくりしてから考えようよ」
と30分位愚痴に付き合っていたら、少しずつ顔が綻んできて、
「やっぱり娘の所に行くのはもう少し考えてからにする」と言いながら家に帰って行きました。
その後東京へ行ったかどうかは分かりませんが、きっと家族と折り合いをつけて楽しく過ごしていることでしょう。
       平成○年6月22日
「おばこ」号の電車で矢島駅に降りてきた女性、この近くを散策したいと言う。
矢島は小さな町ながら城下町として長く栄え、その面影を残す表門、大手門、山本大路を結ぶ柳小路は矢島高校の敷地となってしまいましたが、植物の名前のついた
松竹梅桜橘桃柏椿桂と、鶴亀の11本の小路もあり今もその趣をとどめています。
特に八森苑は、四国高松市の栗林公園の創始者、佐藤志摩亮道益の子孫が居住した家で、遠州流の茶室が残されています。
そこでは先人も聞いたであろう庭を流れる水音を聞く事が出来るので、その場所を教えてあげたら、昼過ぎに戻って来て
「とても良かった。主人の仕事が休みだったので2人の子供を見て貰い遠く電車を乗り継いで来たのですが、その甲斐がありました。とても良い時間を過ごす事が出来ました。また明日から子育てで忙しくなるけれど本当にありがとう」と言われ、嬉しい思い出として私の中に残っています。
       平成○年2月25日
ワンカップの酒を飲み始めたお爺ちゃん。
「何処へ行くの?」と声を掛けたら、「本荘まで夢買いにさ~~、ほら~、宝くじ、宝くじ」10時50分の電車に乗って、夢を買いに行ったお爺ちゃん、夢の行方はどうなったのかな。
       平成○年10月1日
「朝、家から出る時は確かにリュックを背負って来たはずなんだけど、何処に忘れたか分からなくなってしまった。取り合えず買い物をしたM店まで行ってくる」
少しして帰って来た隣町に住むお婆さんは、
「やっぱり無い、そのうち出てくるべ~」とおばこ号に乗って帰ってしまいました。
その後、忘れ物のリュックは地元の優しい人の何人かの手を経て本人に届き一件落着したのです。
毎日どんな出会いがあるのか期待し矢島駅に降りた方がまた来て見たいと思えるようにご縁を大切にし笑顔を忘れずに続けていきます。
 8年前の心境を遡ってた・の・し・ん・で・~~o(*^▽^*)oo(*^▽^*)oflair

|

« 縁 | トップページ | 水のこころーーー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1258899/56941554

この記事へのトラックバック一覧です: 縁と出会いーーー:

« 縁 | トップページ | 水のこころーーー »