« 二代目ーーー | トップページ | あぁぁぁぁぁーーー »

3日、4日ーーー

3,4日は忙しかった~~~。

兎に角、楽しんで~~~~。 

充実した時間を過ごす事が出来ました。

何となく、恒例になった旅行団体さんが、この秋にもおばこ号に乗ってくれました。

私のような、年を重ねた方が多く来てくれました~~~。

 

話が面白くて、笑う、わらう~~

沢山の方が、私の店の前の椅子に腰掛けたり、立ったりして盛り上がりました。

 

「元気を貰った~~~・また来るから身体気をつけて頑張ってね~~」と

誰だか分からない方たちに言われましたが。

嬉しいものですね~~

今日もまた、頑張るか?楽しむかなぁ~~~と

「まつ子の部屋」に来ていま~~~す。

鳥海山に雪が~~~、白くなった~~「トホホホホ~~~」

これから、数ヶ月は春を楽しみに一日、一日暮らそう~~~と思っています。

|

« 二代目ーーー | トップページ | あぁぁぁぁぁーーー »

コメント

 このいう列車の「おばこ号」だけではなく、「由利高原鉄道」だけではなく、地方の普通列車等は団体用ではなくて、ツアーがよくですね。

> 何となく、恒例になった旅行団体さんが、この秋にもおばこ号に乗ってくれました。

 そうなので、一般利用の路線バスや、北海道の普通列車等は「ツアー優先席」や「ツアー予約席」を設ければ、ツアーの行程にしやすそうです。行程で乗れば、ツアー優先席はツアー参加者が座れる分なくても交代しながら座るとしてです。すると、逸れそうなので、トラブルが起こりそうで気をつけなければなりません。
                             ↓ジォフェン
 よくあるトラブルは台湾にツアーで、台北東部の九份に貸切バスを持込めない日があるので降りて、バスに乗換えです。
 それは貸切バスであってもなくても、九份で降りると逸れやすいので、「ツアーに行くと必ずというほど、ほかのツアー参加者とトラブルを起こしてた」という声もあるほどです。私は以前も行ったので、地形を覚えてたので逸れなかったし、最初は緊張してたので逸れなかったです。緊張もして、台湾や韓国といった近隣諸国の言語は少し勉強だけなので、できるというほどできないが、もっとできれば気が緩むか、それより私なら、国内や近隣諸国であってこそ気を付けそうです。
 そういった、気を付けるツアー参加者ばかりになればいいが、そうならないので、由利高原鉄道にツアーで乗れば、由利高原鉄道と同じ経営のバスに乗換えはツアー予約席をして、ツアー参加者全員が座れると、バスを降りれば逸れても、逸れやすくなくなります。
 そうなるにも、群馬県の草津にツアーは長野原で貸切バスを降りて、路線バスに乗換えは一般が乗るまでに乗れば、逸れなくて乗れそうです。
 それを路線バスはJRバス関東`が「幸福の黄色バス」をすれば、バス車内が九份の町のようであれば、由利高原鉄道もある、遊覧列車のようです。そういったようで、嬬恋方面も行き、鉄道の代行して、復旧してもバスをすれば、鉄道を省力化で、単線で行違いができなくしても需要が多い時間だけ列車があれば充分です。
 そういったような、「幸福の黄色バス」のようなのは、JR北海道バスもして、列車を減らせると、バスが遊覧列車のようなだけではなく、省力化になりそうです。
http://hankyu-travel.com

投稿: THEある日 | 2019年11月17日 (日) 08時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二代目ーーー | トップページ | あぁぁぁぁぁーーー »